商品撮影入門講座~魅力あるデジカメ写真撮影のポイントを押さえる~

受講時間

3時間

講座概要

撮影技術を実戦レベルまで持っていく。デジカメの基本操作、プロの撮影技術を学び、魅力あるデジカメ写真撮影のポイントを押さえる。

受講スタイル

講師のパソコン画面を見ながら、基本的な撮影技術を説明します。そして実際お持ちいただいた商材を撮影していく実践的な授業です。授業終了後もメーリングリストで分からないところなどをフォローしていきます。

受験生の声

  • ・今まで、商品写真といえば皿にもって写すだけでしたが、コンセプトやターゲットを考慮した上での撮影をすると、ここまで魅力のある写真になるとは大変驚きました。今後は、単に撮影するだけではなく、アイディアを絞ってお客様に商品の魅力を届けられるような撮影ができるよう心がけていきたいと思います。【S.Tさま】
  • ・短い時間でしたが、内容が盛りだくさんでとても参考になりました。実戦形式で授業もわかり易く、すぐに取り掛かりたい内容でした。写真撮影などなかなか本や雑誌からでは理解しづらいですが、先生が実際に撮影している姿を見ながら学べたので、とても理解がしやすかったです。【Y.Tさま】
  • ・本当に目からうろこでした。今まで、どうしたらよいのかを悩んでいたのがうそみたいです。 また、根本的に撮影の仕方が間違っていたのにも気がつきました。【S.Yさま】
  • ・質問に対して、丁寧に実践を交えてご説明頂けたので、非常に分かりやすかったです。カメラの特性、対処方法、効果的な見せ方、工夫の仕方など、時間をたっぷりかけて、 複数のパターンで見せていただく事ができ、大変勉強になりました。 【Sさま】
  • ・デジカメも、サイトのために使う無駄のない機能を知ることが、自分のカメラで良く判りました。自作のようなminiレフ板にも、興味を持ちました。是非私も作成したいと思いました。 【Mさま】

お客様の心を引きつける魅力的な画像の『撮り方』『加工の仕方』をあなたに伝授します!
商品撮影講座では、たった一日で、このような商品を引き立てる写真の撮影、そして画像の加工までを身につけて頂きます。プロが撮影した商品写真は、200文字の説明文よりも商品の魅力をお客様に的確に伝える力を持っているものです。しかし、プロが撮影したような写真を簡単には取れないのも事実です。 写真を自分で撮影し、加工をしことがある人ならこんな経験があるのではないでしょうか?

  • ・撮影って思ったより難しい
  • ・キレイな写真が仕上がらない
  • ・イメージしたような写真が取れない
  • ・おいしそうな写真にならない
  • ・素敵と思わせる写真になっていない
  • ・画像の加工の仕方が分からない

写真は、ライトの使い方、デジタルカメラの設定などの撮影テクニックだけでなく、商品を引き立たせる構図などの知識も必要となってきます。 ただ機材をそろえて、撮影をしているだけでは、魅力的な写真はなかなかとることは出来ません。『時間をかけてとれば、いい写真が取れる!』そんなことを思わないでください。 魅力のある写真は、 ライトの使い方、デジタルカメラの設定、商品を引き立たせる構図、背景の使い方など必要な知識やノウハウがたくさんあるのです。自分では無理だとあきらめて、プロに撮影を依頼すると確かにいい写真が出来上がるかもしれません。しかし、よく考えてください!

  • ・見積もりをとったら想像以上にコストがかかった
  • ・撮影の立ち会いのため長時間拘束されて、仕事がとまる
  • ・自分の想像していた仕上がりとはちょっと違っている
  • ・すぐに使いたいのにどうしても待たなければならない
  • ・こだわればこだわるほど高価になって手が出ない
  • ・撮影を頼むと自分が手にするまでに非常に時間がかかる

このような多くのデメリットを抱えているのも事実です。 この講座は他ではない内容の充実ぶりです。

  • ・プロの技術を伝授して、 売上げに直結 する「高品質な商品写真」を撮影できます
  • ・あなたが撮影することで、商品のこだわりアピールポイントをクローズアップ
  • ・撮影から加工までを学ぶので、必要なときにすぐにショップで使えます
  • ・自分で撮影から加工までをするので、超低コストを実現
  • ・ショップや商品の演出には欠かせないバナーの作り方の基礎まで学べる
  • ・訴求力を上げるコンセプト、ターゲットを明確にた撮影を学べる
  • ・自社商品をサンプルとして撮影することで、帰ったらすぐに行動できる

ネットショップにとってお客様の心をひきつける魅力的な商品写真はとても重要なものです。どんなに価値ある商品でも、画像ひとつでその価値が大きく下がってしまうことがあるのです。
逆に、まったく目立たない商品であっても、画像の見せ方ひとつで見違えるような商品に生まれ変わるものです。商品撮影講座では、 初心者の方でも安心な「デジカメの準備と基本操作」から上級者にも対応できる「プロが教える売るための商品撮影テクニック」 をお伝えします。

カリキュラム

商品撮影の基本知識
必要な機材など、撮影準備全般の知識を得る。
デジカメの基本操作を習得!
露出補正、ホワイトバランス、フォーカスロック、ズーム、フラッシュ、接写モード、画像サイズの変更方法など必要不可欠な基本操作を習得する。
撮影の前に考えておかないといけないこと
撮影の目的は「きれいな写真」ではなく「売るための写真」を作り出すこと。そのためには顧客視点で考えることが不可欠。写真を撮る目的について考える。
プロが伝授する商品撮影技術(実践編)!
いよいよ商品撮影実践編。背景を整えたり、商品の置き方の工夫、脇役を使っての演出方法等を学ぶ。