優秀なスタッフが育つ究極の奥義

 こんにちは!江藤です♪

 先週、シークレットセミナーが開催されました。
 平日なのに浜松町まで来ていただきまして誠にありがとうございました♪

 その中でいろいろ質問がありまして・・。^^;

 なーるほど、こんな所に壁を感じてらっしゃる方が多いのね♪

 ということがわかりまして・・。

 そんなお話ができればと思っております。


 ———————————
  間違いだらけのリーダーシップ1
 ———————————

  
  多くの経営者は、人に教えてもらった事ではなく、自分で学び
  気づいたことが多いので、自ら気づくもの、切り開くものだと
  いう前提で思っている。

   → 優秀・優秀じゃないが問題ではなく、

     今いるスタッフをどう活用してビジネスを成功させる

     かがリーダーの仕事。

     部下の人格的成長人間的成長を求めて、自分がやってき
     たことをやらせ、教育するのが仕事ではない。

     スタッフ教育にすべての価値判断をおくと、会社の成長
     は止まります。
     
     今いる人材でお客様が望むことをやるためのスキルは必
     要だが、それは自分がやってきたことすべてができる必
     要はないのです。


 ———————————
  間違いだらけのリーダーシップ2
 ———————————

  
  仕事は正しいやり方、やるべき目標に向かってやるべきである。

  → 人は全員自尊心があり、自分が正しいと思っています。

    正しい、正しくないは、ある基準点をもってはじめて
    いえる。

    つまり、その基準点

    会社として向かう方向性、目標、常識が明確に伝わってい
    なければ、正しい、正しくないはいえない。

    さらに、その会社の基準ですら、主観である。
    その中で、いろんな考え方の人が会社にいます。

    今まで会社基準での正しいで生きてこなかった人に枠に
    はめてダメと判断するのではなく、その人を活用するた
    めにどうすれば目標に向かって動いてくれるかを考える
    のがリーダーだと思います。


 ———————————
  間違いだらけのリーダーシップ3
 ———————————

  
  スタッフが思うように動いてくれない。

  → 人間関係に悩んだら、この2つをやっておけば確実に改善
    される究極の奥義があります。


     ——–       ——-
      ほめる   と    感謝
     ——–       ——-


    「全然ほめられないよ〜」
    「そんなレベルじゃないよ〜」  

    本当に意識の高い経営者、仕事に厳しい人は、
    冗談じゃなく本気でそう思っています。^^
   

    セミナーでもたくさんの声が上がりました。
    

    その場合は無理して褒めなくてもいいのです。
    ただし、認めてあげること。

    人は自尊心の塊です。

    褒めなくても、あなたがいるのを知ってるよ。
    あなたがいてくれてうれしいよ。助かってるよ。
    その服に合うね。
    そのバックかわいい。

    なんでもいいのです。

   
    —————————————————-
     その人のことを認識していることを伝えてください。
    —————————————————-

    その人の自尊心の塊を溶かすことでしか、まずは自発的な
    動きは起きないのです。

    
   
    —————————————————-
    疑問1:
     全然ダメなのに、しからなくてそのままでいいの?
    —————————————————-

    しかる前に考えることがあります。

    きちんとしてほしいことを伝えていたか?
    そして、理解させていたか?
    これは、逆にも当てはまります。
    
    一聞いて一を確実に実行するために、正確に聞き取ること。
    内容を理解すること。掌握すること。
    理解したら、相手に重要ポイントだと思うこと(齟齬にな
    ったらすごい失敗につながること)を確認する。

    それがきちんとできているか?
    それができていなかったと気づいたら、きちんと時間をと
    り話あって、お互いに理解しあってください。

    
    —————————————————-
    疑問2:
     そんな時間はない!
    —————————————————-

    急がば回れ!

    は本当の話しで、お互いツウとカー。阿吽の呼吸になるま
    ではお互い話し合う時間が必要です。

    いきなりは、ありえない。
    と思ってください。

    できる人はいるかもしれませんが、スタッフは普通の人で
    す。天才ではありません。

    今、あなたの目の前にいる人は普通の人です。
    すごい人ではありません。

    ダメダメだと厳しくしても、ゆっくり一つ一つものにして
    いくのも、結果任せられるようになるまでの時間は同じで
    す。
    
    厳しくしちゃうと、その前にやめちゃう人も多いですね。

    また、育っても、周りに厳しくしちゃいます。
   
    あなたは、上手にアメとムチを使い分け、TPOに応じてやっ
    ていたかもしれませんが、スタッフはできません。
    周りに厳しいです。
    つまり、新しいスタッフとはうまくいきません。

    その結果、組織として大きくなっていきません。

    あなたは何が望みですか?
    正しいことを推し進めたい?それとも会社として組織を大きくし
    事業を成功させたい?


 ———————————
  間違いだらけのリーダーシップ4
 ———————————    

    
  自分のスキルまで成長させるには、部下のレベルアップが必須だ。
  チームで仕事をする際には、


    スキル=情報

 
  と考えましょう。

  その人は情報を持っているのかいないのか?
  上司は部下よりも情報をたくさんもっている。
  だから、プライオリティ決められ、ジャッジもすることができる
  のです。

  上司は偉いのではない。
  情報をたくさんもっているのです。

  人は、環境の動物で環境に順応していきます。
  言い方を変えると役割を演じようとしていきます。

  もちろん、すぐには無理です。

  ただし、必要な情報を与え、できる人がフォローし続けたら
  いずれは、その役割を果たすことができる。

  スキルではなく、情報であることを。
  
——————————–


いかがだったでしょうか?

ちょっとはお役に立ちましたか?

ここで、先週セミナーの感想の一部をご紹介したいと思います。


  ━━━━━━━━━━━━━━━
■シークレットセミナー感想
  ━━━━━━━━━━━━━━━

ここにきて停滞していた理由が、今日セミナーに参加させて頂きわ
かりました。
まさに「ピンチはチャンス」いい分岐点になりそうです。
  ありがとうございました。
  よい報告ができる日を楽しみにしています。

         ——

  ともかく実践していきたいです。

  「現在は過去の積み重ねではない。望む未来が現在をつくる」

  これは発想の逆転ですね。
  かなりの大逆転です。

        ——

  あのぉ・・・。
  無料のせみなーでこんな得るものが沢山でよろしいのでしょうか?
  どこかできっと諸々の宣伝があるのかと思いきや全然ないし・・。
  最初から最後までアットホームな雰囲気の中、楽しく、またインプット
  もアウトプットもバランスがとても良いセミナーでした。
  早速、社内、家庭内で共有していきたいと思います。


  ——————————–

  ありがとうございます♪

  どんどん実現してきたら、またご報告くださいね♪

  楽しみにしています♪

   written by えと

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  □┓ 【ECコンサルカンパニーのラインナップ】
  ┗┛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ■顧客満足度90%初級講座♪
   ⇒ http://k.d.cbz.jp/t/c8mw/907bbpx0ogf0e8tsuu

   ■やっぱり売れる写真はプロでなきゃ♪ 
   ⇒ http://k.d.cbz.jp/t/c8mw/907bcpx0ogf0e8tsuu

   ■ネットショップの家庭教師!顧客満足度90%
   ⇒ http://k.d.cbz.jp/t/c8mw/907bdpx0ogf0e8tsuu

   ■5名以上のチームマネージメント術。月商1億店長が直接指導!
   ⇒ http://k.d.cbz.jp/t/c8mw/907bepx0ogf0e8tsuu