Nameさんの売上をあげたいんです。

★ お役立ちサイト★
 
  Impress Wathch
  http://www.watch.impress.co.jp/

  月間約1億9000万PV、ユニークユーザー900万人と
  IT関連Webサイトとして日本最大のアクセスを誇る。


☆ 最新情報 ☆

  YahooがモバイルでもNO.1か?

  10月1日から、ソフトバンクモバイルの
  公式ポータルサイトにYahooが設置された。

  今後発売されるソフトバンクの携帯端末に
  【Y!】ボタンが搭載され、ワンタッチで
  サイトへ接続することができる。
 
  PCポータルでは、日に10億単位のPVを
  誇るYahooがモバイルに参戦したことで、
  これからのモバイル通販市場にも大きな
  影響を及ぼしそうだ。
  
 
  こんにちは、えとコミ塾の山本真広です。
  はじめてのメルマガ発行です。何卒宜しくお願い致します。

  みなさまは、どうやって情報収集をしますか?
  一番いいのは直接人に会うこと、だとは思うのですが、
  忙しい毎日を過ごされていると、それは中々難しいことです。

  一流の人に会って話を聞きたい!
  そう思っても、名もない1個人では、そうやすやすと
  著名人に出会うことが出来ないのが実情ではないでしょうか?

  しか〜し、それを可能にするツールがあるのです。
  なんだと思いますか?それは・・・



 ■メールマガジンやブログです。

  

  いまや誰でも気軽にメールマガジン発行でき、また
  ブログを立ち上げて利用することができる状況下にあります。
  著名人や専門家が持っている有益な情報を、私たちは無料で
  得ることができるのです。

  インターネット、ビジネス、起業、健康、福祉、
  金融、スポーツ、人生観などなど、自分が欲しいと思った
  内容をチョイスして、手軽で有効な情報収集のツールとして
  活用されてはいかがでしょうか?


 ◎まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
  http://www.mag2.com/dendo/
  
 ◎Blog People
  http://www.blogpeople.net/


–<目次>——————————————

[1] ヴィレッジヴァンガードに学ぶ

[ 編集後記 ]  人生を豊かにする本

—————————————————-
[1] ヴィレッジヴァンガードに学ぶ
—————————————————-
  
  現在、全国に220店舗を有する
  ヴィレッジヴァンガード。
  http://www.village-v.co.jp/index.php

  書籍を主力商品として扱いながら、
  雑貨の販売も行っています。

  店舗へ足を運んだことのある方なら
  ご存知かと思いますが、店内は商品で
  溢れかえっています。

ワイワイとして、珍しい商品が
  多数おいてあって、店内をグルリと
  回りながら楽しむことが出来ます。

  一見すると、商品を詰め込んだだけとも
  見える!?そんなことはありません(笑)
  実はそこには売上を立てる緻密な計算が
  施されているんです。

  2006年6月の商業界(雑誌)に
  ヴィレッジヴァンガードの特集がありました。
  
  今回は、実店舗でのノウハウをWebに転換し、
  活かせるものをご紹介していきたいと思います。
  
  
 ●1●
 
  ひと目でわかる
  インパクトを重視


  パッと見てわかる、目を引く。
  これはとても大切なことです。

 「 なにかある、ん?なんだろう? 」

  そう思わせることが大事です。
  これをWebページの場合で考えてみると
  以下のようになります。




 1.    お客様が自社ページに訪れる。

     ↓            ↓

 2. トップページに     トップページに
   気になる商品がある   なんの工夫もない。
   (目を引く商品)     (目を引かない)

     ↓            ↓ 

 3. 商品ページ、特集ページへ  お客様はサイトに興味を
   お客様が進んでくれる。   持たず、去ってしまう。
 


  
 ■目を引いて、興味を持ってもらう。
  次のフェーズへ進んでもらう。


 「そんなことわかってるよ!」


  とおっしゃらずに、自社サイトをもう一度
  見直してみてください。売りたい商品、
  クリックを狙ったバナーのクリック率はどうですか?

  パッと見て、「おっ!なんだ?」と思うような
  キャッチコピー、バナーになっていますか?

  独りよがりでなく、お客様の反応だけを
  たよりに、効果的な色使い、表現をしていきましょう。

  せっかくの良い商品を、素通りされないための
  第1歩、目を引く工夫を!

  ※アイデアは自分の中から出すことだけに
   とらわれず、他サイトを出来るだけ多く見て、
   参考にしてから行うと効果的です。


 ●2●
 
  お客様を立ち止まらせるPOP

  実店舗のPOPは、Webサイトに変換すると
 【バナー】と言うことができます。


  先にお話したこととリンクします。
  ふっと立ち止まる、つまり目を引いて
  興味を持ってもらう。

  そしてクリックしてもらい、商品ページを
  見てもらう。ここからは商品ページの
 【質】が問われることになります。

  しかし、やはり、商品ページへの誘導が、
  購入へ結びつけるために、越えなければ
  ならない第一関門です。
  
  ここが失敗に終われば、購入につながることは
  ありません。せっかく気合を入れてつくった
  商品ページも意味がなくなってしまいます。

  良い商品を仕入れる、バックヤードを整える、
  万全の接客体制をしく、決済システムを増やす、
  PPC広告を打つ、などあらゆる努力をしたとしても
  トップページから商品ページへと進んでもらえなければ
  すべてが水の泡なのです。

 ■目を引く!興味を抱かせる、クリックさせる!
  ここへの注力怠ると大きな損をすることになります。
  きっちりとしたトップページ作り、バナー作りが
  必要になります。


  そんなコト言われても、自分ひとりで
  実行する自信がないなぁ〜、ちょっと面倒だなぁ〜
  とお考えのあなたに、とっておきのセミナーを
  ご紹介します!


  デジタルハリウッド株式会社
  ドリームゲート DREAM GATE College
  株式会社Eストアー
サポタント(株)

  など、名だたる企業での講師実績を持つ
  えとコミ人気NO.1講師・小宮山真吾による
  懇切丁寧、顧客満足を第一としたセミナーです。



 ▲10月16日(火) 10:30〜14:30▲
反応率が10倍に跳ね上がる魅惑のバナー作成講座
(Fireworks編)
http://www.etocomi.com/seminar/2step_fw.html
    ↑
4時間ポッキリで、売上が爆発?



 △10月20日(金) 10:30〜17:30
  反応率が10倍に跳ね上がる魅惑のバナー作成講座
 (ホームページビルダー編)
http://www.etocomi.com/seminar/2step_wad.html
    ↑
ビルダーもえとコミにお任せください♪



■サイトまるごと作るなら、
  売れるお店にしませんか?

 ▼10月23日(月) 10:30〜17:30
  売れる店・繁盛する店ホームページ作成講座
(ホームページビルダー編)
http://www.etocomi.com/seminar/2step_hb.html

10月24日(火) 10:30〜19:30
売れる店・繁盛する店ホームページ作成講座
(Dreamweaver編)
http://www.etocomi.com/seminar/2step_dw.html

 
 ご受講をお悩みの方は、お気軽に
 えとコミ事務局までお問合せください。

 TEL: 0120-853-813
 MAIL: info@etocomi.com

 以上、
 ヴィレッジヴァンガードに学ぶでした♪
  

—————————————————-
[2] 人生を豊かにする本
—————————————————-

  きみはなぜ働くか。—渡邉美樹が贈る88の言葉
   渡邉 美樹 (著)
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532165695/etocomi-22

 ワタミ株式会社 代表取締役社長・CEOの
  渡邉美樹さんが書いた本です。

  なんのために働くのか?
  という問いに対して、様々な角度から
  話が展開されていて、引き込まれ一気に
  読みきってしまいました。

  中でもお客様のため、という部分について
  何度も何度も語られています。


 ■お客様が望むことをする、
  自分たちの都合ではなく、
  お客様が喜ぶことをしていく。


  これが真理なのかもしれない、
  そう私は思いました。

 ■作業を効率的にするのはいい、
  しかし、そうすることによって、
  お客様に満足を提供できないのであれば、
  すべきではない。

  頭ではわかっていても、人間は
  自分に都合のいいように物事を
  進めてしまいますよね。

  売上を伸ばすことが第一義ではなく、
  お客様第一の心を持って接客、サービスを
  していった結果として、お客様の「ありがとう」の
  形として、利益が出ると考える。

  なるほど、そうだ、それを忘れては
  いけないな、と感じたのでした。

  温かなメッセージの詰まった本。
  人生を豊かにする本。

  きみはなぜ働くか。—渡邉美樹が贈る88の言葉
  渡邉 美樹 (著)
  http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532165695/etocomi-22

  ぜひ手にとって読んでみて下さい。
  それではまた。

                  えとコミ塾 山本真広