小学生に戻れたら・・・。

 三回目のメルマガ発行となります。
  えとコミ塾の■山本秀明■です。


  やっと春らしい陽気になってまいりました。
  いかがお過ごしでしょうか?


  学生さんたちは春休み♪
  社会人には関係ありません・・・・_| ̄|○ ガックリ


  近くにある小学校もお休みで、
  毎日元気に登校していた小学生の姿もなく
  きっと自宅でお母さんの作ったご飯をモグモグしながら
  朝から大好きなアニメでも見ているのでしょう。

  
  そんな春休みも、もうすぐ終了。
  元気な小学生の声が戻ってくると思うと
  ちょっぴり嬉しかったりします。


  学生の頃を思い出して
  「新学期だぁ〜、なんかいいことありそう♪」


  と、少し外れたテンションで、
  新しいはじまりの季節を前向きに
  きっとうまくいくさ!と意気込んで・・・。
  

  本日の
  
  ● ネットショップマーケティング通信 ●
  
  はじまりです♪

───< INDEX > ─────────────────────
【1】アチーブメントアワードに
          いらっしゃいませんか♪ 
    http://www.etocomi.com/achivementaward/20060422.html

【2】メルマガ意識革命のすすめ

  【3】小学生に本は読ませるな!

  【4】□ 山本山のひとりごと □
  ──────────────────────────────

━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━
【1】アチーブメントアワードに
          いらっしゃいませんか♪ 
    http://www.etocomi.com/achivementaward/20060422.html
  ━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━

 あらためまして、こんにちは。
 えとコミの山本秀明です。

  先週からメールマガジンにおきまして
 募集をさせていただいておりましたギネス申請ですが、
 4月5日を持って締め切らせていただきました。

  受賞者の方は来週の火曜日に発表させていただきます♪



□ アチーブメントアワード □は、
  過去最高売り上げを達成されたネットショップさんを
お祝いしよう!!というイベントです。

  えとコミを卒業された方が活躍されている!
  スタッフとしてこれ以上の喜びはございません。

 ・ 売り上げを達成された裏舞台とは?

 ・ どんな風に日々奮闘されたのか?

 普段聞くことのできないお話を聞くことができます
   
 実を言うと私自身、まだ参加したことがありません(^_^;)
  
  
  過去の授賞式の映像を見ました
  受賞された方のスピーチを拝見しました

 
素直な気持ちを書かせていただきます
 

  ■ その方は男性で、とても緊張した顔をされていました。
  
   額に汗をかきながら、スピーチを開始されました。

  
 
■ 日々負けそうになる自分との戦い

   諦めそうになった時に励ましてくれた人の存在
 
   目標を達成されたときの喜び

   未来への希望と決意

  

  ■ 真剣に語られる姿

   心から発する情熱の言葉

   そして、溢れ出した涙

  

   映像を見終わった私の胸は、熱くなっていました
 
   

   ぜひ会場に足を運び、生でこの感動を味わいたい!
   
   うそ偽りなく、私はそう感じました



   今から4月22日(土)が楽しみです♪
   
   
  
   弊社代表・江藤 政親の講演もございます

   【出版プレ講演】 

   □ 億 稼 ぐ 脳 の 作 り 方 □

   
   江藤 政親のプロフィール

   1999年よりネットショップ運営に携わり、2000年月商4500万円
   を達成。2002年度実績で総売上17億円を達成。商店街から一部
   上場会社まで規模、業界を選ばず、必要に応じて、商品開発、
   人材教育、入社面接、経営戦略、資金繰り対策とすべての経営
   スキルに精通。現場知る情熱的指導法は、定評が高く、会社顧
   問、コンサルティング、講師として活躍。
 

   わたくしもスタッフではありますが、
   どんな話が聞けるのか、ワクワクしております♪
   

  
   ぜひ一度ホームページをご覧下さい!
   http://www.etocomi.com/achivementaward/20060422.html


     
第15回 アチーブメントアワード

4月22日(土)
17:00〜19:00(予定)

開催場所:かやの木会館

   東京都台東区蔵前 3-22-9 
都営地下鉄大江戸線 蔵前駅0分 
都営地下鉄浅草線  蔵前駅徒歩3分

   地図:http://www11.plala.or.jp/patrulrinpoche/map.html

   みなさまにお会いできるのを、スタッフ一同
   楽しみにしております♪

━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━
  【2】メルマガ意識革命のすすめ
  ━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━
  
  お金がない、だけど本が買いたい・・・

  ぷらっ〜と六本木交差点付近の本屋へ
  金銭的に厳しいので立ち読みで我慢!
  と思っていたのですが  
 
  【月間ネットショップ&アフィリ4月号】に
  メルマガ特集が掲載されているのを発見してしまい、
  新米メルマガライターとして、買わないわけにはいかない!


  ということで、なけなしの千円札で購入。
  給料日まであと数百円。
使いすぎた自分を悔いました。

  
  しかも、会社に帰ったら・・・雑誌ありました。
  

       _| ̄|○ ダツリョク 

  
  
  それはさておき本題に戻ります。
  
  特集のタイトルは
  ●ブログ時代のメルマガ新・活用術●

  人気のあるメルマガの条件とは?
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  1) 圧倒的な情報量や知識があること
  2) 品質をキープし、分量配分も一定
  3) 配信日を守り、かつ継続的に発行している

 
  最近になって大量のメルマガを購読している私
  「なるほど〜、そう思います」
  と思わず、うなずいてしまいました。

  特に納得してしまったのが

  【圧倒的な情報量や知識があること】との一文
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  このメルマガでしか得られない情報がある!と
  一度実感してしまうと、ついつい開封してまいます。


記事を読み納得したものの、新米メルマガ担当として
  今の自分には、圧倒的な情報量を提供することは
  難しいかもしれない。
  

では今の私に出来ることはなにか?
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  その視点で記事を読み進めると
  発見いたしました♪まさに私が目指すこと
  そして今でも挑戦できること


  ●読者と1対1の関係を

  ●相手が反応したくなるような文面で

  「よし!この二点だけは忘れずに書くぞ!」
   心に誓いました。



  メルマガを書くと時に一番大事なこと

 
  
  
  ──────読者への想い────────
  
  
  

  記事を読み終え、私はそう感じました。


  ●読者の心に直接届くメールマガジン●

  
  それをひたすらに目指し、努力してまいります
  
  
  □大人気のメールマガジン講座はこちらから♪
  http://www.etocomi.com/seminar/2step_melmaga.html
 
 
——◇Information◇————————–
   
 ■ 吉野家のお値段で、叙々苑ご馳走になりました♪
  http://www.etocomi.com/seminar/1step.html
 
  □ 参考書には載っていない!ショップ大繁盛の方程式
  http://www.etocomi.com/seminar/2step_houteisiki.html

  ■ さて、あなたは、何倍になる?
  http://www.etocomi.com/elearn/e3month.html

  □ 15社限定!大好評のSEM講座が帰ってきます♪
  http://www.etocomi.com/seminar/sem.html

  ■やっぱり写真はいいもんだ♪
  http://www.etocomi.com/seminar/creators_one.html
 
 ━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━
 【3】小学生に本は読ませるな!
 ━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━
 


  【 小 学 生 に 本 は 読 ま せ る な 】



その日、まさかそんな言葉を聞くとは、思いもしませんでした。

  
  私の先輩に小学1・2年生の先生をしている人がいます。
  毎日、思いがけないハプニングの連続でとても楽しそうです。


  そんな 先輩の口をついて出た言葉


  ●小学生に本は読ませるな


  発言をそのまま解釈すると
  とんでもない教師だ!


  と言われてしまいそうなので、
  説明させていただきます(^_^;)

  

  先輩は、
  
  『どうやったら子供に本を読んでもらえるか?』
  と常々考えていたそうです。


  子供たちに、本を読んだ方がいいよ♪と
  何度も何度も言い聞かせたのですが
  効果はまったくなかったそうです。

  『どうしたらいいんだ・・・?」

  先輩はさらに考え続けました。
  そして出した答えが


  ●小学生に本は読ませるな!

 
  ・本を読ませようとするから読んでくれない
  ・強制してもなにも変わらない
  ・自発的に読んでもらえる工夫をしよう

  
  ある日のこと、先輩は一冊の本を手に朝礼に行きました
  子供たちに向かって、本のあらすじを話ました。
  ちょうど話が面白くなってきたところで

  『どう?面白そうでしょ?』

  と、本を閉じて、本棚にそっと置いたのです。


  休み時間、子供たちは先輩が紹介した本に群がりました。

  自ら本を読みたい!という衝動にかられ
  本を奪いあったそうですよ。


  人は往々にして、強制されることを嫌います
  しかし、心からやりたい!と思ったら実行します。
       ~~~~~~~~~~~~~
  


  ■ 先輩から学んだこと

  ◎やらせるんじゃない、やる気にさせるんだ◎
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  私自身も、人のやる気を引き出せる人になろう
  素直にそう思いました。

  今日も一日、やる気を胸に、頑張ってまいります。

 
  ◎仕事が効率化、やる気がUP♪UP♪
  http://www.etocomi.com/seminar/2step_tool.html

  ◎一ヶ月で30冊読めたら・・・
  http://www.etocomi.com/seminar/photo_reading.html

━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━
  【4】□ 山本山のひとりごと □
 ━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━━…━…━

  小学生の頃

  『やまもとやまの海苔』
  『上からよんでも山本山、下からよんでも山本山』
  
  と、呼ばれていました。
  「山本」という苗字の方は、
  皆さん経験なさっているのではないでしょうか?


  そのころ、私が、大人になる頃にはきっと
  タイムマシーンで未来にいける!


  と、本気で信じていましたが
  今のところ、無理そうですね(@_@;)


  しかし、私の子供が大人になる頃にはきっと
  タイムマシーンが出来ていると信じています♪

  その時は、自分の子供と一緒に
  私の幼かった時代に旅行をして
  三人で仲良く遊べたらいいなと思っています。

  常に未来を信じて進む♪

  そんな毎日でありたいものです。


  最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。
  また来週お会いできるのを心待ちにして♪


  えとコミ塾 山本 秀明
http://www.etocomi.com/

ご意見、ご感想は下記メールアドレスまでお願いいたします。
  みなさまのご意見お待ちしておりますm(__)m

e-mail: info@etocomi.com