「まなちゃんを救う会」1人の小さな命を救うために。

  いつもえとコミ塾のメールマガジンをご購読頂きまして、
  誠にありがとうございます。

  ご案内させて頂きたいことがございます。 
 


  とあるML(メーリングリスト)に、1通のメールが流れてきました。

  件名は、「まなちゃんを救う会」
  メールの差出人は、オメタカネットの波場さんです。

  ▼ オメタカネット
  http://www.bidders.co.jp/user/2853245
  

  以下は、波場さんからのメールです。


  ぜひ、最後までお読み頂いて、
  1人の小さな命を救うために、お力を貸して頂けないでしょうか?


  ————————————————————

  私の学生時代からの友人石榑君の生後8ヶ月の赤ちゃん
  石榑愛(いしぐれまな)ちゃんが重い心臓病にかかり、
  アメリカでの心臓移植に望みをたくすことになりました。


  私を含む友人一同で「まなちゃんを救う会」を立ち上げ、
  一昨日(2月27日)、都庁での記者発表、募金活動をスタート致しました。


  石榑君は、私とともに友人のなかで結婚が遅かった仲間で、
  まなちゃんは、38歳にしてようやく授かったお嬢さんです。


  私も今、家内のおなかにはもうじき産まれる娘(たぶん)がいます。


  石榑君から打ち明けられた時、今の私の喜びと不安も重なり、
  とても他人事ではなく、学生時代の仲間一同とともに、
  彼の支援のため、まなちゃんのいのちをつなぐため、
  募金活動のお手伝いをしております。



  一昨日の記者発表の後、TBSなどのテレビ局様やFM東京様など、
  積極的に報道してくださるとお約束いただき、
  昨日のNHKニュースやTBSみのもんたの朝ズバッでも
  報道していただきました。朝刊各誌にも掲載されております。



  一昨日夜から開設したブログからも
  たくさんの温かいメッセージをいただいております。
  


  星野仙一さん、パラリンピックメダリストの成田真由美さんからも
  ご支援のメッセージをいただき、ピアニストの清水和音さんは
  チャリティーコンサートを開催していただくことになりました。




  本当にたくさんの方に支援のお申し出をいただいております。
  しかし、アメリカでの移植手術には膨大な費用がかかります。
  受け入れていただくアメリカ・ロマリンダ病院に支払うデポジット(手付金?)
  だけで9000万円、入院費用や渡航費用を加えた必要金額は 
  1億3600万円と見積もっております。



  ぜひ、多くの方にご支援をいただき、
  アメリカでの移植を実現し、まなちゃんの命を救いたいのです。
  サイトでのバナー設置、リンク掲載、メールマガジンでの呼びかけなど、
  皆様のお力をお貸し下さい。よろしくお願いいたします。



  「まなちゃんを救う会」ブログ
  http://ameblo.jp/save-mana/
  ※オメタカネット波場がブログの制作・運営に協力しています。

  →両親からのメッセージ
   http://ameblo.jp/save-mana/entry-10009472795.html

  →チャリティーコンサートの詳細
   http://ameblo.jp/save-mana/entry-10009525247.html

  →ちらしとバナーのダウンロード
   http://www.meringue.jp/mana/

  携帯サイト
  http://mana.momall.jp/
  ※momollのイズムジャパン様に制作のご協力いただきました。
   イズムジャパンの五月女様ありがとうございました。


  ————————————————————

  小さな命を救うために、
  懸命に戦っているまなちゃんの命をつなぐために、
  Name 様のお力をお貸しいただけませんか?
  

  よろしくお願い申し上げます。


  
  最後までお読み頂き、ありがとうございました。


  えとコミ塾 スタッフ一同