2005年04月07日号

  すみません。
  えとコミの講座は、ビデオに撮れません。



  えっ?
  江藤さんのサイズが大きすぎて、画面におさまり切らないから?

  
  一理あります。

  でも、あまり本人の前では言わないで下さいね。
  ああ見えて、江藤さん、傷付きやすい人ですので。


  さて、冗談はさておき、
  【ネットショップマーケティング通信】、行きます。

  – [石谷さまへ] ——————————————-
   
  本日、4月7日(木)の、

  「本コースのオリエンテーション&無料説明会」

  にお越し頂いた石谷様。

  お伝えしたいことがございますので、
  お手数ですが、info@etocomi.comまで、
  メールをいただけますでしょうか?  
  
  よろしくお願い申し上げます。

               江藤政親
  ———————————————————-

    ▼ 「スピード・リサーチ」実践してみたら? ▼
    http://www.etocomi.com/seminar/research.html
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ¥¥¥☆【ネットショップマーケティング通信】 2005.4.7
  ¥¥¥     from えとコミ塾        Vol.63
  ┏━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳┓┏━━┳━━┳━━┓
  ┃━━╋┓┏┫┏┓┃┏━┫┏┓┃  ┃┃┃┏━┫┏┓┃  ┃
  ┃━━┫┃┃┃┗┛┃┗━┫┗┛┃┃┃┃┣┫┗━┫┗┛┃┃┃┃
  ┗━━┛┗┛┗━━┻━━┻━━┻┻┻┻┻┻━━┻━━┻┻┻┛
  ━━━━━━━━━ http://www.etocomi.com/


  Nameさま。


  ビデオに出来ない理由なんですけども、
  これは、えとコミの講座は、
  ひとことで言えば、”生”=ライブだからです。



  TVの”生”放送なら、台本どおりにビチーッとやりますよね?
  綿密に練られた台本通りに進行します。
  だから、映像としておとどけできるのです。



  でも、えとコミの場合、受講生の方がストップしていると、
  そのストップしているところで、講座が止まります。

  なぜなら、そのストップしているところを、
  その場で解決してしまうからです。



  よく、セミナーや勉強会に行って、

  「よしやってみよう!」

  と帰ってきても、
  自分の会社に落とし込めないことって、ありますよね?
  (または、あれ、何でやってんだろ?ってこと。)

 
  または、落としても、結果がでないということも、
  多々、あるかと思います。



  それって、”どこかがうまくいってないから”ですよね?


  えとコミの場合、そのどこかがわかり、
  講座中に、軌道修正し、結果がでる方向へ向けて、
  うまくいくようにします。



  例えば、
  今年の1月に募集をかけたらアッという間に埋まってしまった
  「メディアに掲載されやすい企画の作り方」では、
  http://www.etocomi.com/seminar/media.html



  ▼こんな声をいただきました。

  「こんなに夜遅くまでありがとうございました。

  ネットショップのコンセプトも分からぬまま この講座に参加させ
  ていただいて、すごい時間をかけて話をさせていただいて、ネット
  ショップのコンセプトが決まりました。参加させていただいてほん
  とうによかったです。ありがとうございました。」

                     洋菓子販売  M.Sさま



  はい、ここ注目です。▼

  ”ネットショップのコンセプトが決まりました。”


  これって、どう思われました?
  プレスリリースのセミナーで、
  これは、まず、ありえないコメントですよね?



  ”「プレスリリースの企画を作る講座」で、
        ネットショップのコンセプトが決まった”


  ということについて、
  「そうなんだ、へぇ。」
  と流してしまうようなら、
  「おそらく、今後も大事なところを見逃してしまうのでは?」
  と思わずにはいられません。



  今は、ネットショップの環境インフラが整い、
  いろいろなところでいろいろな情報を手に入れられます。


  それはイイのですが、
  今、私が申し上げたことにたいして、
  ”ピンッ!”ときていない人に限って、
  コンセプトが明確ではないことが多いです。

  もしくは、ズレている。
  (深く突き詰めていないから、流れを読めていないからなどが理由です)


  つまりは、売ることができていない、ということにつながります。



  Nameさま。
  あの、自慢しちゃっていいですか?



  プレスリリースのセミナーの最中に、
  商売の成功を大きく左右するコンセプトを作り、
  また、プレスリリースのセミナーに戻れるようにするわけです。


  うまくいかない方向へ向かって、やみくもに進もうとしているのを、
  軌道修正して、失敗の少ない道、つまり、売れる道へ戻す。


  これ、やっていることを、平たく言えば、
  個別コンサルティングです。



  もし、コンサルタントをされている方が、
  このメルマガを読まれていたら、お聞きしたい。


 →「これって、ありえないですよね?」
 (あなた、できます?という意味も含めて)


  通信講座を担当している私の感想を率直に伝えれば、神がかり。
  http://www.etocomi.com/elearn/e3month.html
  (コンセプトだけでもけっこうなボリューム)


  そんな神がかり的なことをやってしまうから、
  ▼このように、「FLASH」で、こんな紹介されるワケですよ。
   http://etocomi.exblog.jp/i24
  (実は裏では、賛否両論・・・。)



  このような、リアルタイムで”力量”が、問われる講座は、
  他の多くのセミナーでは、まず、ありません。


  なぜでしょうか?


  その理由は、出来る人が極端に少ないし、しんどいから。
  出来る人がいても、やはりしんどいですから、誰もやりません。

  
  えとコミがオンリーワンたる所以です。
             (ゆえん)


  以上、自慢でした。



  それでですね、話を元に戻しますと、
  えとコミの多くの講座が、こういう講座なもので、
  企業秘密や戦略の決定、カリキュラムどおりに進むことがないという理由で、
  ビデオに撮ることができません。


  申し訳ありません。


  ですので、「メディアに掲載されやすい企画の作り方」を、
  みなさんに、「ビデオ」という形でお届けすることは出来ません。


  「メディアに掲載されやすい企画の作り方」は、
  毎回、アッという間に席がなくなってしまう講座です。 

  ですので、参加できなかった方の為に、
  「何とか、今回、ビデオ撮りを」
  と思っていたのですが、こういった理由のため、ご了承ください。
  
  
  それでも、ビデオ化できているのものがありますので、
  えとコミの受講を考えられている方は、こちらをどうぞ。


  – [PR] —————————————————-

  ■クチコミだけでお客様が100倍増える?
   クチコミ発生の”しかけ”や”しくみ”で「競争のない会社」へ
   http://www.etocomi.com/marketing/hino_video.html

  ■インターネットでお店やる?「選ばれるお店」のコンセプト
   作成から、オープンまで、「やること」全部知るなら、
   http://www.etocomi.com/marketing/dreammers_video.html

  ■浮気性のお客様を →「本物のお客様」へ
   ”ブランド構築”のためのノウハウを公開してます。
   ブランドなんて関係ない?そのブランドじゃないかも、
   http://www.etocomi.com/marketing/marketing_video.html

  ■「年収1万円」から「年商2億5千万円」へ
   出会う人、全てを「メンター化」。都合よすぎ?いえいえ、・・・
   http://www.etocomi.com/marketing/learn_video.html

  —————————————————- [PR] —


  ┌────────────────────────────
  │これから、セミナーや勉強会へ参加される方へ
  └────────────────────────────


  これから、5分間ほど、
  ”重要なのは、ノウハウではない”ということをお伝えします。



  もちろん、ノウハウ自体は、たいしたものではあるのですが、
  本当に知るべきは、


  「そのノウハウの、なぜ?」です。



  例えば、プレスリリースにしても、
  小手先の技術で言えば、

  ・郵送の際は、封筒に余計な情報を載せない
  ・ポイントを箇条書きにするとイイ
  ・キャッチコピーをこうしたらイイ
   (ポイント多いので、カット) 

  というのは確かにあるのです。



  ここから、ちょっと、
  考えながら読んでいただきたいんですけども、


  例えば、

  「プレスリリースを”手書き”で書いたら当たった!」
  

  スゴイですよね?それを考えた人は。


  ”手書きでプレスを書く”なんて発想、あります?
  
  たいていは、「汚いチラシじゃないんだから」ということで、
  最初から、それはやろうとは思わないでしょう。


  この裏にある、見えない部分は、きわめて重要ですよね。
  (手書きでプレスのノウハウが表。裏にあるのは?)



  でも、このようにノウハウが発表されると、
  やたらと”手書きのリリース”が送られてきたり、
  やみくもに、箇条書きにしたりということをしてしまう。



  これ、違いますよね?
  根本にあるのは。



  根本にあるのは、何でしょう?
 



  あなたが参加する勉強会やセミナーでは、
  まずは、そういうのを考えて欲しいんですよね。


  質問するなら、

  「なぜ、そのノウハウなのか?」


  ノウハウなんて、やったらおしまい、じゃないですか?
  だから、やればイイわけであって、
  ”やるかやらないか”の問題ですよね?
  やらなきゃ、どういう結果が出るのか、わからないから、やればイイんですよね。
  ホントに必死な人は、そんなところで躊躇しないですよね。



  肝心なのは、そのノウハウの根本にあるもの。

  つまり、考え方、発想の仕方ですよね。
  なぜ?の部分。



  それを身に付けることができれば、
  売ることができる人の考え方が身に付くから、
  売ることができるようになるわけです。


  売ることができるようになることを、
  「魚の釣り方が身に付く」といいます。



  売ることができる人のノウハウや、やっていることだけを身に付けても、
  売ることができる人には、なりません。



  それは、商売に限らず、
  スポーツでも、サッカーでも、空手でも、演劇でも、一緒ですよね?



  つまり、サル真似じゃあ、ダメだということです。


  結局、サルマネでは、その人なしでは、考えなくなるでしょう?

  考えることもできなくなるし、考えることもしなくなるしで、
  依存的になってしまいます。



  えとコミの講座は、
  売ることが出来る人になっていただく講座。
  魚の釣り方を身につけていただく講座です。



  売ることが出来る人が、

  ・何をインプットしているのか?
  ・何を考えているのか?
  ・どうしてその結論に至ったのか?
  ・仮説の立て方


  などなど、本来なら、そうした”見えない部分”を理解し、
  身に付けるための講座です。



  「あんたに言われても、証拠がなきゃあね。」

  
  そうですね。
  だから、それを端的に表している、生の感想をご用意しました。



  ※4/4、4/5に開催された、
  「メディアに取り上げられ易い企画のつくり方」
   に参加された方の感想です。


 
  「目からウロコの内容でした。
   おひとりおひとりへのアドバイスも参考になり、
   勉強になりました。ありがとうございました。
   自分の方向性も発見できて素晴らしいです。」

          (株)ムーサジャパン 白澤さま
        http://business.rakuten.co.jp/acup/


  →他の人が答えを出す過程も重要ですよね。



  「一方通行ではなく、自分たちで考え、実施していける
   ところまでスキル・モチベーションともにあげて頂い
   たので、勉強になりました。粘り強くお付き合い頂き、
   ありがとうございました。
   プレスリリースなんて遠い世界だと思っていた私までも、
   恐れる事はないんだ、と思えるようになりました。」

         株式会社 やまひら  堀内 久美子さま
               http://www.yamahira.co.jp/


  →掲載されにくい商材なのに、道が見えましたよね。



  「プレスリリースの送り方ではなく、そもそもの企画からはじまり、
   最後には実際にプレスリリースを書くところまでお世話になりました。」


                     サムエライフ 山村武弘さま
                     http://www.samuelife.com/


  →「ここまでやれば、あとは」っというところまでやりましたね。



  「プレスリリースのネタの作り方まで教えてくれます。
   プレスリリースなど考えてもいなかった自分ですが、
   どのような切り口で企画をつくっていけばよいかが、
   よくわかりました。」

                      匿名希望

  →こちらも掲載されにくい商材。
   狙っていきましょう。
 


  全部、物語っていますよね?



  それで、長々と散文を書いてきたのですが、
  私が、結局、何を申し上げたいのかと申しますと、


  ▼”本当に売れる”メルマガ、書きませんか?というお誘いです。
    http://www.etocomi.com/seminar/beginners.html
   (”本当に”っていうのが、ポイントですね。)


  – [PR] —————————————————-

  先週、先々週と、ナイスな反応を得ることが出来た
  「バカ売れオンラインショップ」
  サーブ山田さんによる中谷さんへのインタビュー
 
  ▼今週は、第3回目です。
  http://etocomi.exblog.jp/i9
  先週も先々週も見逃してしまった方にも大丈夫のように、
  ブログでご案内いたしております。


  中谷さんには、SEO、SEMとは対極にある、
  あの戦略とあの戦術について、語っていただきます。
  http://www.etocomi.com/seminar/tonton_senryaku.html
  (満面の笑みで勝つ”極意”についてジックリと。)

  
  約2年間、売れない方向へ突き進んでいたために、
  中谷さん自身が迷い苦しんできました。
 
  そういう想いをアナタにだけは、
  やっていただきたくないと、そんな想いがあふれています。


  
  もちろん、それに付随する具体的な戦術(小手先も含む)も、
  お伝えいたします。
  http://www.etocomi.com/seminar/tonton_senryaku.html
  (売れている○に共通する音の理論って、何でしょうね?)
 

  —————————————————- [PR] —


  ┌────────────────────────────
  │貴方へ&貴女へ。すさまじく、ちょうどイイ機会です。 
  └────────────────────────────
  

  ・何か行動しなきゃあとは、思っているんだよね。
  ・ヤバイぞ、モチベーション、下がり気味!
  ・新しい人脈、商売につながる気付きがほしい。
  ・今後、もっと売ってゆきたい
  ・経営者の孤独を知っている人と、飲んで親しくなりたい。
  

  そう思われている方々へ

  すさまじく、ちょうどイイ機会があります。

  
  4/22(金)のトンデンファームの中谷さんのセミナー終了後に、
  えとコミのオフ会があります。


  いろいろな活用の方法があります。
  目的に合わせて、オフ会をご利用下さい。
  

  例えば、中谷さんのように、うまくいっている人が、
  最も大切にしているものを手に入れていただきたいです。
  (すなわち、人脈。)



  私などは人見知りですので、
  何度かお会いして、キチンとお話をしないとダメなタイプです。
  そういう人は、とにかくキチンとお話をする機会を作ること。
  (自分に言っているんですけど)


  また、売れていない人には、
  売れている人と話しているときの、 
  ”違和感”を味わっていただきたいです。


  商売の環境は、いつも変化しています。
  最前線で戦っている人の情報に触れてください。



  売っている人は、得られるメリットがあるから、
  忙しいから行かないではなく、忙しいから行くのです。


  「う〜ん。わかるんだけど、仕事が終わるの、遅いからねぇ」


  では、何時ごろ来られそうですか?


  午後18:30が開始の時間ですが、
  23:00過ぎまで、いつもロングランでやっておりますので、
  遅れてしまってもかまいません。

  途中参加の人も、多々いらっしゃいます。



  是非、お気軽にお越し下さい♪


  【日時】 4/22(金) 18:30〜
  【場所】 六本木総本家ひな一
       http://r.gnavi.co.jp/g286906/

  【会費】 6,000円


  参加される場合は、info@etocomi.com 宛に、
  件名に、”懇親会参加希望”とし、
 
  
  ・氏名: 
  ・メールアドレス:
  ・連絡の取れる電話番号:


  この3点を明記していただき、ご送付下さい。


  締切りは、4/18(金)です。
  先着順で、20名で締め切らせていただきます。



  – [PR] —————————————————-
  

  優秀なボランチの方に、応募をいただきまして、
  ありがとうございます。


  今週も、意識の高い方にお会いできることを祈って、
  募集をさせて頂きます。

  ボランチとは、人生を変えるための手段でもあります。


  例えば・・・


  小宮山真吾さんは、えとコミでの経験を活かして、
  ラジオを担当するほどの実力になりました。
  http://estore.co.jp/s-manabiya/ws050324.html


  醍醐秀美さんは、わずか半年で、
  いまや企業からHPの作成を依頼されるほどの実力が身に付きました。
  本人が望めば、仕事に困ることはなくなるでしょう。
  http://bestsellers.jp/
  http://www.etocomi.com/seminar/orientation.html



  鈴木琢磨は、えとコミの店長兼、通信講座専門でのコンサルタント。

  「ありがとう」「目からウロコ」などとおっしゃっていただくことが
  非常に多くなり、また、高い目標を達成されている方が続出し、
  とてもやりがいを感じております。
  http://www.etocomi.com/elearn/e3month.html


  今、月曜日のメルマガを担当している田中さん。

  私がディレクションをしているのですが、このままの路線で行けば、
  3〜4ヶ月も継続すれば、メルマガならどこでも通用するぐらいのレベ
  ルになるであろうと思っております。


  もし、あなたが、今の環境に満足されていないのなら、是非お越し下さい。
  半年で人生を変えていただきます。

  小宮山真吾、醍醐秀美、鈴木琢磨に継ぐ人材を募集しております。
  http://www.etocomi.com/recruit/volunteer/index.html


  —————————————————- [PR] —

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【人生を変えるネットショップ売上アップ塾】
  ───────────────────────────────
  ■あなたにも魚の釣り方を。
   またぁ、マユツバなんじゃないの〜?
   http://www.etocomi.com/elearn/e3month.html

  ■あなたも、笑いながら勝て!
   有名商材だから勝っているワケじゃないぞ!
   http://www.etocomi.com/seminar/tonton_senryaku.html

  ■競争に巻き込まれない攻め方って、ないの?
   お目が高い。ソレはコチラです。
   http://www.etocomi.com/marketing/top/index.html

  ■「年収1万円」から「年商2億5千万円」へ
   出会う人、全てを「メンター化」。都合よすぎ?いえいえ、・・・
   http://www.etocomi.com/marketing/learn_video.html

  ■そんなに遅い仕事では、世間様が許しませんよ!
   http://www.etocomi.com/seminar/curriculum/research.html