『会社の売上を超一流にする画期的システムとは?』

 はじめまして。
 最近えとコミでお世話になっているボランチの小梶と申します。
 
 大阪出身の24歳、関西弁丸出しメルマガとなりますが、
 皆さまよろしくお願いいたします(^^)/
 
 えとコミではもう一人、私より1ヶ月程まえにボランチとして
 入った、鈴木さんがいてます。

 そして、私達、二人にくだされた指令は…
 
 『アチーブメントアワード事業立ち上げ』

 今現在、進行中のプロジェクトなのですが
 そのようすを、メルマガでお届けする事になりました。

 私達の奮闘ぶり、そして、アチーブプロジェクトの
 成り行きをお楽しみください。

 それでは、はじまり〜。


 ━━━━ もくじ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 【1】ボランチは見た!「デカいビジネスの立ち上げ方」(鈴木)

 【2】夜中の3時、ミラクル技法発見!(小梶)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】ボランチは見た!「デカいビジネスの立ち上げ方」


11月1日(月)

この日、えとコミボランチ、総勢4名で、
以前から江藤さんから言われていた、
「アチーブメント・アワード事業」の話をしました。

「アチーブメント・アワードって何?」

私もそう思いました。

「アチーブメント」といわれても、
わからない方もいらっしゃることと思います。

私も、えとコミに入ってから、初めて知った言葉です。


アチーブメント(achievement)とは、
「goo辞書」によれば、

→達成・ 業績・ 偉業・ 学業成績など

という意味です。

そして、アワード(award)とは、

→(審査して)授与する; 裁定する.
→審判・ 判定・ 賞・ 奨学金・ 裁定(額)

という意味です。


・・・何となく見えてきましたでしょうか?

つまり、アチーブメントアワード事業とは、ひとこでいえば、

「達成者を表彰する事業」

なのです。

まだ、こういわれても、抽象的で、漠然として、わからないかもしれません。
あまり、身近なものではないからでしょう。

では、例えをあげます。

例えば、外資系の生命保険の会社では、
営業の方が、会社の規定した目標を達成したら、
その方を表彰しています。

江藤さんが言いたいのは、

「それを、外注先として請け負うという事業を立ち上げる」

ということなのです。


「アチーブメントアワード」自体は、
えとコミでは、すでに過去9回、行っております。

月商1000万円を達成したインターネットショップのオーナーさんを、
「おめでとう!」と、祝福するのです。

その模様は、こちらに詳しく出ています。

ネットショップの店長の間では、
「売上を上げる具体的なノウハウ」で有名な、
「佐分利さんの受賞の模様」は、こちら

http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g0u3wtdvse602

「アチーブメントアワードの全体のイメージ」をつかむなら、こちら
http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g0v3wtdvse602



「わかったといえば、わかったような・・・」

そうなんですよ。私もそう思いました。
11月の1日の、第一回目の話し合いのときも、
ちょうど、そんな感じの空気が流れていました。
私たちだって、与えられた資料は、これぐらいなのです。


でも、私は、アチーブメントアワードという事業を立ち上げることに、
すごく興味を持っていました。

なぜなら、今まで、
「事業の立ち上げ」にかかわったことなどないからです。

ふつうに会社に入っていたら、
事業の立ち上げにかかわることなんて、
めったに無いことですよね。

新商品の販促担当として働くことや、
新規出店の店長として働くことはあっても、
新規事業の立ち上げなんて、
かかわりたくても、かかわれることではありません。

特に私なんかは、知識欲・成長欲が旺盛ですから、
正直、楽しみにしておりました。
(ただし、実際に作業に携わるまでは、ですが。)


では、そのアチーブメント事業の立ち上げを、
私たちは、どこからはじめたのでしょうか?

11月1日の時点では、
まず、「どのようなコンセプト」で立ち上げるかを、
決めることになりました。

まず、全員でやったことは、
えとコミではおなじみの、「ベンチマーク」です。

「ベンチマーク」も、なじみのない言葉ですね。

「ベンチマーク」とは、「goo辞書」によれば、

→測量で,高低の基準となる水準点。計測指標。
→一般に,ものごとの基準となるもの。

となります。

このベンチマークで、
アチーブメントアワードの事業の「キモ」が、できあがります。
コンセプトというとわかりやすいでしょうか?
要は、私たちのアチーブメントアワードの「売り」です。

ですので、このベンチマークという手法は、
「小手先のノウハウ」では、ありません。

「えとコミでは、ノウハウは、全部出してイイ」
という、江藤さんの言葉をいただいております。

ですので、出し惜しみせず、どんなことをするのか、
お伝えしますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

—–PR——————————————————

▼教わる技術▼
http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g0w3wtdvse602
【実は、「教わる」ことにもコツがあったのです。】
好評講座、第2回目。新たな教わる技術が加わりパワーアップ!


勉強会やセミナーにはガンガン参加しているが、
その場では感動したり分かった気になっていても
会場を出たとたん、もとの自分に戻ってしまう。
教わっていることが身に付かない、活用できないでいる。

そんな方に知っていただきたい、教わるための技術が満載です。

今回は、いままで、お伝えし切れなかった「教わる技術」を追加。
前回出席していただいた方も、ぜひもう一度受講下さい。
きっと、新たな収穫があるはずです。


■教わる技術 受講料 3,150円(税込み) 限定20名

■開催日程 11月26日(金) 19:00〜21:00

■開催場所 えとコミ事務所
東京都港区六本木7-8-2 アルカサール八木6階(Tel:03-0475-6108)
http://www.etocomi.com/company_info/map.html


▼お申し込みはコチラ↓▼
http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g0y3wtdvse602

————————————————————–



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


例えば、「売上を上げたい!」って思ったとします。
そういう時、えとコミでは、売れてるお店を探します。

では、ネットショップで「売れてるお店」って、
何を調べればわかりますでしょうか?

私たちのようなコンサルティングの会社は、
どういったお店が売れているのか、
実際にコンサルティングをしているので、わかります。

しかし、それ以外の方法としては、
「書店へ行って、情報誌を買ってくる」しかないのです。

そして、書店へ行って、情報誌を買ってきたら、
インターネット上のそのお店へ、行くのです。

そこで、そのお店にあって、私たちのショップに無いものを、
ピックアップします。

例えば、「お支払いの方法」・「会社概要」などの基本的な情報のほかに、
「全体のレイアウト」や「使っている色」、
「写真の使い方」、「フォントのサイズ」などのユーザビリティなど、
そのほか、全部、ピックアップします。

ひとつのページだけではなく、
知っている限りの「売れているページ」、
そのすべてから、ピックアップをします。
もちろん、「アレクサ」も使います。

ちなみに、えとコミのホームページのリニューアルでは、
40個以上のピックアップをしたそうです。
時間にして、4時間以上かかったと聞きます。

ここまでで、もし、

「たいしたことのないノウハウで、たいした時間使ってないな」、

と思われたなら、一度されてみてはいかがでしょうか?

えとコミで、一度ベンチマークをされると、
「思った以上に、けっこう大変な作業だな」
と、実感できるでしょう。

※えとコミの講座は、すべて「実践」ですから、
受講者は、お客様ではあるものの、
実際、かなり大変な作業をすることになります。
まず、楽な作業ではありません。


それでですね、話は戻りますが、
アチーブメントアワードのコンセプトを決めたときも、
やはり時間、かかりました。

午後18時から始まり、
夜中の午前3時で完了をしました。

ですので、合計時間は9時間です。

イメージしてみてください。

朝、10時に出社し、夕方6時まで、
集中力を持って仕事をした後、
翌朝3時まで、
インターネットのホームページを見て、
休憩をほどんど入れることなく、
自社に無いモノのピックアップを、延々とすることを。

目は疲れ、乾き、画面はチカチカし、
イスに触れているオシリは圧迫され、
オシリの位置を移動しても痛みが抜けず、
足のふくらはぎはパンパンになり、
背中は曲がり、
マウスをクリックする指は、
プラスティックの表面の感触を嫌がり、

・・・しばらくインターネットはイイや・・・

と、なります。
事実、私はなりました。

というわけで、全体の様子は、このような感じでした。
伝わりましたでしょうか?

当日の詳しいようすは、小梶さんへ、バトンタッチします。

では、小梶さん、お願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

—–PR——————————————————

▼GET THE FUTURE 大人気講座、12月6日分申し込み開始▼
http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g0z3wtdvse602

はっきりと未来をイメージできる。それが目標達成への近道。

自分の目標達成した未来像を見る、右脳活性化セミナー。
未来を見て、仲間の未来を演じ、役の気持ちがわかる。
自分の見えてない部分が発見できます。

■GET THE FUTURE 受講料 52,500円(税込み) 限定10名

■開催日程 12月6日(月) 9:00〜17:00

■開催場所 会場:きゅりあん
東京都品川区東大井5-18-1 (Tel:03-5479-4100) 
http://www.shinagawa-culture.or.jp/curian/

▼お申し込みはこちら↓▼
http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g013wtevse602

————————————————————–

▼えとコ・ミリオネア▼
http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g023wtevse602

億万長者の人たちがどうやって、お金持ちになったのか、
それがすでに様々な事例で紹介されています。
その事例通り、本質を自分に置き換え、カリキュラム化しました。
コンセプトは、みんなでミリオネアです。

■えとコ・ミリオネア 販売価格525,000円(分割払い可)

■開催日程 12/7,8(1泊2日) 10:00〜22:00 

■開催場所 えとコミ事務所
東京都港区六本木7-8-2アルカサール八木ビル6階
http://www.etocomi.com/company_info/map.html

■講師:
江藤政親 http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g043wtevse602
西田光弘 http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g053wtevse602

▼お申し込みはコチラ↓▼
http://k.c.cbz.jp/t/c8mw/si0g063wtevse602
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【2】11月1日 夜中の3時、ミラクル技法発見!(by小梶)

11月1日、夕方18時ミーティング開始。
その時はまだ、この先の長い道のりを想像もせず、
私はのん気にかまえていたのでした。

まずは、コンセプトを決めなければ、何も始まらない。

ということで、
アチーブの良いところを順番に言っていく事になった。

醍醐さん、小宮山さん、鈴木さん、私で、
連想ゲームみたいに順番に言っていく。

・家族に自慢できる
・スポットライトをあびる
・自分への自信
・チームワークの結束
・表彰者は次へのステップ見てる側は「次は私!」と思える
・一生懸命やった事が認められた
・プロの自覚
・部下への手本
・人の役に立てたヨロコビ
・団結力
・一体感
・非日常的なリフレッシュ
・この会社いいやん!
・仕事への愛着
・涙々の感動! ………

たくさん、出ました。
最後らへん自分の番がまわってくる度に
もうやめて〜っ私そんなボキャブラリーないわ〜
って思ってました。

なんとかその場を切り抜け、
次のステップへ。

今度は、先ほど出したイメージを
似た者同士グループわけしていきます。


5つのグループができました。

・チームワーク
 (チームワーク意識、団結力、一体感、仲間ができる)
・会社、仕事
 (仕事への愛着、愛社精神、この会社いいやん!)
・自分
 (プロの自覚、自分への自信、今までのことを振り返る
  一生懸命やったことが認められた、人の役に立てた喜び
  部下へのお手本)
・モチベーションup
 (表彰者次のステップ、参加者動機づけ、スポットライトをあびる
  家族への自慢)
・エンターテイメント
 (お祭り、非日常、涙々の感動、会場での一体感)


ここで、江藤さんから

「小梶さんが営業マンをいっぱいかかえる社長だったとして、
 アチーブメントをするのに、どれがあればお金出してやろうと
 思う?」

と聞かれ、

「…えーっと、チームワーク意識」

「それだけ?」

「…えーーっと、仕事への愛着」

「他には?」

「…んーー…自分への自信…」

今思うと全然、頭が働いてなさそうです。
8時ぐらいだったと思います。

このようにして、一人づつ投票した結果
下の5つがコンセプトとして上がってきました!

?チームワーク
?仕事への愛着
?自分への自信
?NextFuture
?感動(エンターテイメント)


やっと、やぁーーーっとコンセプトが決まりました。
9時です。

ホッと一息

正直、もう帰りたい…なんて心の中では思っていました。

しかし!ここで終わるえとコミではありません。
何のためらいもなく次のステップへ。

次は先ほど決まった5つのコンセプト
1つづつベンチマークです。

まずは「チームワーク」について

と、ここでまたまた連想ゲームの始まりです。
「チームワーク」から思いつく言葉をひたすら
検索、検索、検索です。

そして検索した結果を上から全部チェックしていきます。
短気な私は、普段なら2ページ目の途中あたりで
はい次〜となるのですが、今回はそうはいきません。

全部、全部、1つ残らずチェックするのです。

これが時間がかかったんです。
1つのコンセプトに1時間ほどかかったと思います。


3つめ「自分への自信」
これが終わった時点で、11時半

江藤さんから

「どうする?全部やる?」

この一言に
(帰りたい、帰りたい!今帰ったら終電で帰れる〜
 明日は学校やし、家帰って宿題やりたい)

でも小さい声で
「はい、やります…」

言ってしまったら、後には戻れません。
どうせもう終電もないんです。

やるしかありません。

4つめのベンチマーク
「NextFuture」

クーラーがついているので、冷え性の私は
指先の感覚がありません。

マウスを持ちながら、人差し指がジンジンします。

パソコンの画面を見ても、もう目がちゃんと見えないんです。
モヤーっとシルエットが浮かんで見えるだけです。

5つめのベンチマーク
「感動(エンターテイメント)」

頭が働かなくて、ページを見てもベンチマークするかどうかの
判断が極端に遅くなってきました。

私の脳みそ、あとちょっと頑張って。

夜1時やっとベンチマーク終了しました。


そして、ベンチマークしたサイトをもう一度、詳しく
見直し、ベンチマークを更にベンチマーク、という作業に入ります。

参考になりそうなサイトとそうでないサイトに
振り分けていきます。

そして、その中から印象に残ったサイトを
5つピックアップしました。

それをひとつづつプロジェクターでホワイトボードに映して
江藤さんが、そのレイアウトをなぞっていくんです。
(何してるんやろ〜?)
ボーっと江藤さんの手を見つめている間に
ホワイトボードの上でどんどんレイアウトが完成していくのです!

5つのサイトを重ねて、いいとこ取りして、
いつのまにかオリジナルのトップページが出来上がっているのです。

え?えぇ??
この時は、死にかけていた私の頭もパァーッと生き返りました。

ただ、重ねていくだけなんです。
全く関係のないサイト同士をただ、ただ、重ねていくんです。

この方法には驚きでした。
これと出会うために、私はえとコミに来たんやーと
運命さえ感じてしまいました。

ひそかに私は、
(この方法、洋服とかのデザインにも使える…)
なんて考えていました。


ベンチマークという気の遠くなるような作業のはてに
こんなミラクルな技が待ち受けていたなんて…

初めて、笑顔がこぼれた瞬間でした。


そして、こんな日でも平気で飲みに行く
江藤さん、鈴木さん、小宮山さんにはさすがについていけず、
私と醍醐さんはタクシーで帰路についたのでした。