7月17日あいてますか?

いつも「ネットショップマーケティング通信」を
お読みいただきましてどうもありがとうございます。

えとコミ塾の江藤です。

今週からお読みいただく皆さま、はじめまして。

「惚れ惚れする仕事」

って見たことがありますか?


基本的にえとコミは、その「惚れ惚れする仕事」をやって
おります。
講座は毎回、感動の渦で、受講生のモチベーションは、
最高潮へと達します。

僕たちは、提供する立場として、それは当然なのですが、
日頃から同じだと、「惚れ惚れする仕事」を実感しなくなって
いるなぁと思う出来事がありました。

えとコミの一緒にはじめたメンバー。

「床さん」

今は、本業が忙しく一年間えとコミ業をお休みしているの
ですが、つい最近、別件で一緒にお仕事するときがありました。

広島県の行政にお呼ばれしまして、僕と床さんと情熱.comの
井場元さんと3人トリオでの初心者向けのセミナーを2日間
させていただきました。

広島はとても元気で、参加者は2日間で450名を越えてい
ました。

床さんがナビゲーターとして、僕や井場元さんに質問をして
いきながら、参加者欲している情報を引き出す形式のセミナー
です。

ほとんど、諸事情でぶっつけ本番のセミナーで、僕や井場元さん
は緊張気味。

その中、光り輝く床さんのトーク。
ボケもつっこみも折り交えながら、僕らの説明に対しても、き
ちんといいたいことをわかりやすく解説していく。

それも、本人が一番にいたかったことをわかりやすく・・。

セミナー中に不謹慎ながら、

「うわ〜、床さんすごいわ。」

思わず、つぶやいてしまいました。

そんな中で、2日間のセミナーを終了し、また来月あるのですが、
3人のトリオ名までつくって、盛り上がったセミナーでした。

トリオ名は、

「めざまし屋エイト」

です。

平成の夜更けに朝を呼ぶ。
「目覚まし」と「目指す」をひっかけ、

エイトは、江藤の「エ」と井場元の「イ」と床の「ト」
で「エイト」です。

「屋」は、このトリオでオファーがきたきっかけは、
福井県のWebマスターオフのときに、竹虎の山岸さんが一緒に
でていたのがきっかけで、山岸さんの「ヤ」も入れておこう。

ということで、「目覚まし屋エイト」が誕生しました。

3人で、笑いあり、涙あり、感動ありのセミナーを展開して
いきます。

これから、ネットショップをはじめる方、または、スタート
して間もない方を対象としてセミナーで、日本にネットで
不況をなくしていこうというコンセプトに共感していただける
セミナー主催者さま。

「めざまし屋エイト」のご要望をお待ちしております。^v^

めざまし屋えいとのセミナーオファーは・・。
info@etocomi.com

全国の市町村に飛んでいきます。^^;

そんないい仕事をしたのに・・。

このあと、僕には、大変な事件が待っていたのです。^^;

それは、あとがきにて・・。



それでは
今週の「ネットショップマーケティング通信」スタートです♪

━━━━ もくじ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】自分に200点をあげたいほど、良かったです♪

 【2】月商1000万円がコレで達成できました。

 【3】ペンが紙の上を泳いでいる。この興奮を誰かに話したい。

 【4】えとの「今週のイチオシBook」 

 【5】おまけ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「クチコミに値する」と思っているのは、アナタだけかも
http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si0958ynw3fpu605
————————————————————–

こんにちは!
えとコミ塾 講師のこみやまです。

  「ハーストーリィに頼めば、10万人にクチコミしてくれるらしい」

こんなウワサ、聞いたことありませんか?

そう、ハーストーリィさんは、10万人の女性をネットワークして
いて、しかも代表の日野さんは「クチコミ」に関する書籍も出版
されている、女性だけのマーケティング会社です。
http://www.herstory.co.jp/

実は、私も、お金を出せばクチコミしてくれるのだろうと思っていた
のですが、日野さんにうかがったところ、そうではないんですって!

クチコミというのは、女性同士の信頼関係がベースにあって
初めて成り立つものなので

いくらお金を積まれても、「クチコミしたい!」と惚れこめる
商品以外はクチコミできない、と断っているそうです。

なので、ハーストーリィさんに、クチコミ・プロモーションを
依頼すると、こんな流れになるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1: クチコミしたくなる商品かどうかを調査します。

2: 「別に、クチコミしたくなるような商品じゃない」

   と判断した場合には、

   「クチコミしたくなるような会社・商品に変える」
   「クチコミ・フレーズをつくる」

   ということをやります。

  *このことを、日野さんは、「1本立てる」と言います。

3:「1本立った」商品・会社になったら
  それをわかりやすく伝えるために
  WEBや印刷物などをリニューアルし、その会社から
  発信される全ての情報のコンセプトが、統一されるように
  します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が思うに、ほとんどの会社・お店・商品は、
経営者だけが「クチコミに値する」と思っていて

消費者側から見ると

「いい商品かもしれないけど、これといって
 特徴がない」
「人に言いたくなるポイントがない」

という場合が多いです。

これはなぜかというと、経営者は

「いい商品=感動を与える商品」だと思っていて

消費者は

「いい商品=そんなのアタリマエ」だと思っている
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・・というギャップがあるからだと思います。

では、ハーストーリィさんは、

 「いいモノかもしれないけど、これといって
  特徴がない」商品を

どうやって

 「1本立った商品」

に変えていくのでしょうか?

いままで、日野さんのセミナーでも語られることのなかった
そのプロセスが、今回初めて語られます!!


▼詳細はこちら♪

◇講師: 株式会社ハー・ストーリー代表取締役 日野佳恵子 氏
◇開催日: 7/17(土)
◇場 所: きゅりあん (JR大井町駅すぐ)
◇開催時間: 13:00 開場
◇参加費: セミナーのみ 読者様割引  ¥5,000(税込み)
セミナー+懇親会費 読者様割引 ¥11,000(税込み)

▼お申し込みは、いますぐこちらから!!▼
http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si095aynw3fpu605
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】えとコミ史上、最長・・。終了時間 23:30
http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si095bynw3fpu605
————————————————————– 

昨日も講座をやってました。
最近、次から次と新ネタで、参加者のうちにあるものを引き出すように
しています。

講座の途中で、カリキュラムの中で最重要個所というところがあります。

そこは、完全に自分のものにしないと講座が終わらない。
自社のコメントができないものは、次に進めない。

そういう話を講座中させていただきます。

今までは、ある程度時間をかければ、クリアされていたのですが、
今回、ある一人の方が、壁にぶつかってしまいました。

ずっとです。

迷宮に入っていく感じ。

周りの参加者は、どんどん先に進んでいく。
周りがカリキュラムを消化していくのに・・。

そんな焦りが、余計に頭の柔軟さをかき消していく。
そんな風に目に写りました。

やっと、完成。

その完成した表現は、鳥肌が立つような興奮を覚え、その人の顔は
ちょっと前に座っていた顔と違い、自信に満ち溢れた顔となっていました。

途中、会社にきていた一人ビジネスの西田さんと話をしたのですが、

「やっぱ、えとコミ、すごいわ〜」
「できるまで、帰さないから、絶対できるようになって帰るんだよなぁ」
「そりゃ、できるようになるわ」

そんな話をしてくださいました。

ありがとう♪西田さん。


■えとコミ式「表現力のある文章の書き方講座」
 講師:江藤政親   販売価格:21,000円(税込)

▼文章が上手になりたい方は・・。▼
http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si095cynw3fpu605

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】2日で起業、経営を体験しちゃおう♪
info@etocomi.com
————————————————————– 

これから、事業をはじめようと思っているあなた。
あなたに、とってもおすすめの情報があります。

一人ビジネスの西田さんと話で、こんな会話をしていました。

「アントレナプレナーとか起業家精神とかいろいろあるけど・・。」
「結局、やってみなきゃわからないよね」
「そうそう」
「すぐやれば?って話だよね」
「自分達もそうだったよね」

独立のきっかけ

その1「たね銭がたまったから」
その2「自分に自信がもてたから」
その3「自分のビジネスにであったから」

というわけで、もうウダウダいいたくない。

とっととはじめたい。

そんな方に、2日でとっとと事業を開始するセミナーを開催します。

その1、その2、その3を見事クリアし、

3ヵ月後になっているあなた。

・会社を作っている
・運営もスタートしている
・お金が入ってきて、回り始めている
・会社は辞めている
・自分のビジネスに不安はない
・毎日がめちゃめちゃ忙しく充実している
・商売の現実も知った
・プライベートがないくらいに忙しく
・客はどんどん増えている新規見込みが多くなっている
・アホみたいに仕事をしている、それでも楽しい
・友達と飲む時間なんかなくなっている
・付き合う友達の質 は経営者ばかり

そうなるためのカリキュラムを組んでみました。

・起業前の人には起業そのものの
・もう起業している人には、
 「儲かり始める」「ビジネスが流れに乗り始める」


そんな効果のあるセミナーです。

1.自己分析
2.ビジネスモデル
3.種銭集め
4.会社設立
5.経営計画
6.運営・経営・問題解決
7.お金
8.流れ

をマスターし、3ヶ月間で会社設立、3ヶ月間で軌道に乗る
ところまでのシュミレーションをしたいと思います。

■一人ビジネスドリーマーズ
 講師:西田光弘 江藤政親 販売価格 157,500円
             (宿泊費込み)    
 日時:7月18,19日合宿形式
 場所:熱海某所 現地集合

▼お申込みはこちら▼
info@etocomi.com

件名を「一人ビジネスドリーマーズ申込み」でお願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】えとの「今週のイチオシBook」
http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si095dynw3fpu605
————————————————————– 

今回は、主旨を変えて、メルマガのご紹介。

メルマガといってもただのメルマガじゃありません。

メルマガなのに、本。
メルマガなのに、写真集。
メルマガなのに、会話できる。

コミュニケーションを主体とするのが、えとコミ式メルマガの秘訣。

その最新バージョンともいえるのが、この「オシャる技術」

最近はやりのHTMLメルマガ。

その基本は、ここにあると言いたい。

ぜひ、ミズノンノのチャレンジをみなさまのメルマガで役立ててく
ださい。

■オシャる技術
 株式会社Zeel  水野敬也 著   販売価格 無料 

▼購入したい方はこちら▼
http://k.c.combzmail.jp/t/c8mw/si095eynw3fpu605

このコーナーへのご意見、ご感想は以下まで
mailto:info@etocomi.com 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】おまけ 編集後記
————————————————————– 

最終日のセミナーが終了し、あとは飛行機で帰るのみ。

僕の飛行機は20時。
井場元さんは、約束があるので、セミナー終了後、すぐご帰宅、新幹線。

床さんは、飛行機の時間まで付き合ってくれて、1時間一緒に飲んで、
世間話をしていました。

18:00のバスにのり、1時間かけて広島空港へ・・。
20時に広島よ。楽しかったよ。さようなら〜。

というはずだったのですが、霧のため全便欠航。

「なに〜っ!」

空港のホテルはすべて満室。
「スイートなら空いてますが、いかがされますか?」
とホテルマンの対応。

「ちょっと一人でスイートだったら、空港で寝る!」

と丁重に断り、バスで戻ることに・・。

すでに、東京行きの新幹線はなく、新大阪止まり。

そういえば、床ちゃんに

「えとちゃん、大阪こうへんの?」
「そういえば、実家(大阪)にも行ってないよなぁ」

そんな話もあって、実家に帰ることに決定♪

えとコミ式「それは丁度いい!」

と思ってバスに。

広島から行くより、福山の方が新幹線代はお得。
と思って、福山行きのバスにのり、1時間。

降りるとき、別のバスのチケットを購入していたことが
判明。

さらにバス代を請求され、しぶしぶ払う。

新幹線のチケットを購入しようと、財布を見てみると・・。
領収書の渦に囲まれた札束5枚。

「ぎょえ〜、5,000円しか持ってない!!!」

「そうだ、カード、カード。」

「ぎょえ〜、そういえば、先月からカード使わない月間で
 家に置いてきてるんだ〜!」

「銀行、銀行」(おろおろ)

「都市銀の銀行は、7時で閉まってます。」

「コンビニ、コンビニ」
「それもローソンかセブン」
「タクシーで探すしかないか・・。。」

その時です!

小銭入れの脇ポケットに「もしかしたら・・。」
とインスピレーションが沸き起こりました。

なんと、2000円発見!

「よっしゃ」

タクシー乗り場から逆戻りで、そのまま新幹線チケットを
買い求める。

新幹線、指定席、喫煙と・・。
7680円

えっと、7000円と小銭が・・・。

全部入れても、7430円。

ぎょえ〜。あと、「250円」足りない!!

落ち着け、まさちか。
問題は、起きてることではなく、パニックになる俺が問題なんだ。

また、インスピレーションが沸き起こります。

あっ!自由席だったらいけるはず。

新幹線、自由席。7230円

心の中で大きくガッツポーズ!

行ってみると、がらがらで2席占領して、新大阪まで帰りました。

新大阪に帰り、すぐに銀行へ。

ふぅ。

こうやって、実家に戻ったのが、23:00


激動の5時間を過ごした大事件でした。

おしまい。