身につくまでやる!無料の販促手法―ひたすら練習、プレスリリース

いろいろな販促手法がありますが、量をこなして身につけるため、今回は「簡単なプレスリリースの書き方」をご紹介します。
プレスリリースをご紹介する理由は、単純に、「安い」からです。リスクの少ないところで販促に取り組むことが出来るからです。
それと、「ものすごく頭を使うわけではない」ということです。まったく使わないわけではないですが、ものすごく使うわけでもありません。

マスコミが取り上げたあなたのプレスリリースが、ショップのリンクにあると、お客様があなたのネットショップで購入するかどうかの判断材料にしてくれますよね。ですから、売上があがります。
また、あるひとつのマスコミに載ったことがきっかけで、他のメディアからの取材があったりすることもあります。
ショップで働くスタッフが誇らしげに働きだし、活気が出てくる、なんてこともあります。
やはり、魅力的といわざるを得ません。

では、簡単なプレスリリースの書き方です。
今はインターネットの普及で、企業の公式サイトやリリース掲載サイトなどで一般にも公開されるようになり、マスコミ・企業間の他ではあまり目の触れることのなかったプレスリリースが、誰でも読めるようになっています。

1、まずは、「プレスリリース掲載サイト」を検索してみましょう。いろいろ出てきますよ(^^)掲載サイトで公開されているプレスリリースを、いろいろ見てみましょう。

2、印象に残ったプレスリリースの内容をコピーペーストでワードやメモ帳に落とします。(メモ帳のほうがいいですね)

3、それを、あなたの会社の名前など必要な情報に書き換えます。

4、あなたの会社の新商品・サービスに書き換える。

以上の作業を、たったひとことで言えば、「コピペをして書き換える」ということになります。これ以上簡単なプレスリリースの書き方は、残念ながらありません。
もちろん、プレスリリースを、直接「売り」につなげようとするなら、相当頭をひねらなければなりません。ですが、この方法なら、プレスリリースを書く練習をすることができますよね。
そして、「できるまでやる」! つまり、プレスリリースをあなたが活用するための「守」(「守・破・離」覚えてますか?)の部分に、いますぐ取り組めるわけです。

「プレスリリース」だからといって、かしこまることはないと思います。というのも、私の知る経営者の中には、「自分の取り組んでいることの整理になるから」という理由でプレスリリースをススメる方もいらっしゃいます。これはもちろん極端な例ですが、プレスリリースは、「そんなもの」でもあります。(数打ちゃ当たるというわけではないので、誤解のないよう、お願い致します。やはり一定の文章の力が必要となります。)

繰り返しますが、プレスリリースを書く上で重要なのは、やはり「守」です。プレスリリースですから、5W2Hを押さえて、たくさん書くということです。今のような、「淘汰の時代」だからこそ、あせらず、「守」をやりましょう。もちろん、あなたができるまで。

 

◆ECのことならECコンサルカンパニー&えとコミ塾◆
ECコンサルカンパニー:http://www.eccc.co.jp/
えとコミ塾:http://www.etocomi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です