ああっ、もったいない!!宝の持ち腐れです―あなたの知識を「宝」にするには?

「守・破・離」というコトバをご存知ですか? 能楽者の世阿弥の言葉です。
数年前、ビジネスの書籍やメールマガジンで取り上げられたので、「何をいまさら!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、そうはいうものの、やはり大切ですよね。

この言葉を、ごく簡単にご説明しますと、
「守」最初は規範となる基本の型を身につけ、
「破」やがてはそれを崩し、
「離」オリジナルのスタイルを築く
例えば、役者が、演技の基礎を身につけ、演じるうちに、その人だけの役となる。同じシナリオで、同じ役柄を演じても、演じる者によって、味が出てくる。そういったことです。

今、ネットショップの販促手法のノウハウには、さまざまなものがあります。メールマガジン、小冊子、オークション、SEO、SEM、アフィリエイト、懸賞による濃いアドレス集め、・・・もはや、出尽くした感さえあります。
しかし、いったい、どれだけの人がそのノウハウを身につけることができたのでしょうか?

これは、オフレコなのですが、えとコミの講座終了後の飲み会で、講師がため息混じりにこう話しているのを聞いたことがあります。
「ノウハウって、いろいろあるけど、聞いて満足しちゃう人が多いんだよね。」
「破」や「離」の状態をイメージするだけで満足してしまい、肝心の「守」ができていない、ということです。残念ながら、そういう方が大勢いるのだそうです。
せっかく、えとコミの講座に出席されて、「あとはやるだけ」の状態になっても、行動する段階で、「できない」理由を持ってくる。せっかく優れたノウハウを学んでも、生かすことが出来ない。セミナー費用だって、安くないわけですから、とてももったいない話ですね。だからこそ、えとコミは、「できるまでやる」という方向で、「塾」をしている訳ですが。

ただ、私がお伝えしたいことは、「だから、えとコミ」ということではなく、あらためて、ひとつのことを身につくまで量をこなしましょう、ということなのです。

 

◆ECのことならECコンサルカンパニー&えとコミ塾◆
ECコンサルカンパニー:http://www.eccc.co.jp/
えとコミ塾:http://www.etocomi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です