このフレーズに勝てるものはない!―「タダ」はやっぱり魅力的(*^^*)

あれ、いつもは大丈夫なのに・・・えっ、ここも!?・・・えっ、こんなところまで!?
どこも人であふれているのです。
平日のお昼時、ランチに出かけました。中華が食べたい! そう思ってある店に足を運ぶとそこには、長蛇の列が・・・
こんなに混んでいるならあっちの中華を食べに行こうとトボトボと移動。店にはいるとその店も席を待っているお客さんがズラリ・・・
しょうがない、ちょっと裏道に入ったちょっぴり小ジャレたレストランを覗いてみると・・・なんとその店も満席になっているのです。

なるほどね!理由はあれだ! そう、あれなんです。

<< タダ! >>

やっぱり魅力的なフレーズです。

「20周年を記念して抽選で20名に一人 タダ!」

とある、美容室のチラシを見たときに『えっ、何それ!』と思ってしまったフレーズです。チラシを受け取る側からすると『タダ!』という思わず反応したくなるキャッチーなフレーズですよね。

これをチラシをだす側から考えるとキャッチーなフレーズであると共にローコストというメリットがあります。今回のチラシのように『20人に一人タダ!』となると商品5%OFFと同じ事となります。

『買ってくれた人全員に還元をするか』

それとも

『一人勝ちを作るか』

チラシを配る側からするとこれだけの差なのです。

でも、よく考えてみてくださいね。5%OFFって町を歩いていてもネットショップを見ていても当たり前のように使われている販促方法ですよね。どこも使っていないわけではありませんが、5%OFFより20人に一人タダのほうがお客さんの気を引けるでしょう。コスト的な負担の部分から考えると、例えば、100人に一人タダ!とすればその負担は、1%OFFと変わらなくなります。
見た目が良くそして、運営する側にも優しい企画と言えるのではないでしょうか?

お金もかけられないし、でも販促をしなければ売上げも・・・

そんなときに、使えるかもしれませんね。

 

◆ECのことならECコンサルカンパニー&えとコミ塾◆
ECコンサルカンパニー:http://www.eccc.co.jp/
えとコミ塾:http://www.etocomi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です