【冷静に、絵を描きましょう^^…?―物事の本質の見分け方】

問題点を克服したり、集中するポイントを見つけるときって物事の本質を見抜けないといけないんですけど・・・。

見抜くときって、注意するポイントが2つあるんです。

人間は感情の生き物だから、いい悪いではなく、感情で判断していることが多いんです。自分の感情を抜きにして、あくまで目的に立ち戻り、客観的にジャッジを下す。自分に不利なジャッジならば、素直に自分を改めないといつまでたってもうまくいかないよね。

これが上手にできる人がEQが高い人。仕事が出来る人はIQじゃなくてEQが高いってよく言われますよね。

カチンと来る人。やっぱり強制的に1時間後に考えるようにした方がいい判断ができるはず。感情的な相手に対する批判があるときは、まだあなたは正しくない。

それから、起きた事象(出来事)を紙に書く。一つの事象だけで問題は起こらない。複数の事象が絡み合ってうまくいかないことが起きています。それを抜き出して書いて、その事象の相関図(どーいう関わりをしているか丸と四角と矢印であらわす)を書く。

必要な場合はその絵の横に注釈を入れる。それで、何が起きてどのような流れでどのように問題が起きたかを絵を見ながら考えていく。多分、絵ができた時点で80%の問題を解決する策は頭に浮かんでいるはず。

それでも最後まで解決するために、一つ一つの事象を客観的に機械的に解決していく。

問題解決の秘訣は、その問題を細分化して、細かい事象に落として解決していく。
これを常にくせ付けすると・・・。
かなり見分けられると思いますよ。
カギが・・。^^

<< すぐにできることからはじめよう♪ >>

みんな♪ ふぁいっとっ♪

◆ECのことならECコンサルカンパニー&えとコミ塾◆
ECコンサルカンパニー:http://www.eccc.co.jp/
えとコミ塾:http://www.etocomi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です