ネットショップ市場の成長を決めるもの―参入障害が低いからこそ、オーナーの人間的成長が決め手!】

ネットショップというのは、人間成長において、とても有効な仕事だとつくづく思います。

その理由は、非常に参入障害が少ないからです。

みなさま、10万円で1000万円稼げるとしたら、どうしますか? 当然、やりますよね。
まあ、まじめにこれを考えている人がいるのだから、非常にむしのいい話です。

1000万円稼ぐのにいくらまでだったら出しますか?

ネットの商売は、無料からもはじめられるのです。

10万円で1000万円稼ぐなら、みんなやる。うまくいったらみんな真似をする。そうすると、今度は10万円じゃなく100万円かけて、1000万円稼ぐ。またみんな真似してくるので、100万円じゃ稼げなくなる。

こうやって参入障害が高くなっていくのです。

1億円使って、10億円稼ぐ。そうすると、1億円は、そうだせない金額なので、それが参入障害になる。

フランチャイズがいい例です。月商300万円で採算ラインだとすると、ネットで300万円なんてわけないのに、みんなが真似しない。

それは、参入障害が大きいから。

なので、成長しなくなり、フランチャイズでも駄目なところが多くなる。でも、一度軌道に乗せると、そう大きな変化はない。

それが市場をつくっているんです。

ネットショップは違います。

どんどん急成長する市場。それは、参入障害が低いから。
でも、それにともない、人間力も仕事力も成長していかないと売上がついてこない。

常に新しいことを求められる。

それが、ネットショップ業界です。

◆ECのことならECコンサルカンパニー&えとコミ塾◆
ECコンサルカンパニー:http://www.eccc.co.jp/
えとコミ塾:http://www.etocomi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です