<ボトルネックをいかに、うまく働かせるか考えよ!>

<< 目 次 >>

(1)ゴールは何ですか?
(2)あなたの肝に銘じること!
(3)今すぐやれる!

(1)ゴールは何ですか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
生産性を高める = 目標達成率を最大限にする = 営業利益目標の達成

※売上が増えても、利益が増えなくては意味がない。

(2) あなたの肝に銘じること!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・人を働かせることとお金をもうけることは同じではない。

・投資収益率・キャッシュフロー・純利益の全部を考えることが大事。
リソースの能力を一つずつ切り離して、別々に図っても意味がない。

スループット=販売を通じてお金を作り出す割合
在 庫 =販売しようとするものを購入するために投資したお金のこと
作業経費 =在庫をスループットに変えるために費やすお金

・今までのやり方が、当たり前だと考えてはいけない。

・物事の基本を注意深く観察し、よく考えなければならない。

『チェックする項目』
①製品が売れるようになったか?(スループットが向上したか)
②従業員をへらせたか?(作業経費が減ったかどうか)
③在庫が減ったか(余剰在庫――人が多すぎる)

・非ボトルネック(与えられている仕事よりも処理能力が大きいリソース)を
うまく使い、ボトルネックの負荷を軽くすることを考える

・ボトルネックをフローの需要にあわせる

・うまくいかない理由:需要がない or これまでのやり方を変える決心がまだない

・ボトルネックが動いていないときのコストは工場全体のコストと同じ

・リソースを利用することと、活用することは違う

・非ボトルネックの作業時間を1時間増やしたところで、
ボトルネックで滞れば、それは妄想にすぎない

・仕事は業務の一連の流れを完了させる手順であるので、
後から起こる事象は、その前に起こる事象に依存している

・ボトルネックの処理能力を高めれば、スループットを高めることができる

(3) 今すぐやれる !
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・自分の店のボトルネックは? …目先の仕事に追われて、全体の利益を考えていない。
→常に数字を意識する。試行した結果の検証を行うこと。

・利益につながる大事なところは優先する
→常に何が、将来的に、グループ全体に対して、どれだけの利益をもたらすか、考えること。
最終的にスループットを増やせないことはしない。

◆ECのことならECコンサルカンパニー&えとこみ塾◆
ECコンサルカンパニー:http://www.eccc.co.jp/
えとこみ塾:http://www.etocomi.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です