ネットショップの成功の秘訣1

まずは、ネットショップ販売の本質を知ることからはじまります。 ■ネットショップの本質は・・・。 小売業、物販業であるとうことです。 小売業というのは、一般の消費者にモノを提供する商いです。 つまり、「モノ」ありきなのです。 消費者にとって優れた素晴らしいモノであるだけでなく、 それを提供する商人にも商売として成立させなくては、いい商品を 消費者に提供し続けることはできません。 その為には、市場に流通している商品の品質と価格のバランスを見て、 扱う商品の売値を決めなくてはいけません。 つまり、仕入れ値が高いと商売として継続することが厳しい。 その場合、たくさん仕入れることができると仕入れ値は落とすことができますが、 最初のスタートでお客様を抱えていない場合は、それは過剰在庫となります。 すでにある信頼関係の中で仕入れ値が低くおさえることができれば、 値段で市場のニーズにマッチさせることが可能となります。 もう一つおさえておくべきことは、送料。 この送料は、宅配便の料金で、多くの場合は、消費者から受け取り、 宅配便会社にそのままスルーして渡す金額です。 この送料も実は価格と並んで、一般消費者がネットショップで購入しない理由の 1位、2位を争います。 送料も発送件数によって価格の交渉は可能ですが、最初から発送件数が多いわけ ではありませんので、販売計画をつくり、未来図に対して交渉するしかなくなります。 また、これにま つわるものとして、ダンボール、エアキャップなどの梱包備品 の費用。100円程度ですが、これを商品価格に入れ込む会社と送料に組み込んでしまう 会社と会社によってやり方は違いますが、発送件数が多くなり、送料が業界の安値と 同等になってくるまでは、送料ではなく、商品価格に組み込む傾向が強いみたいです。 このように、Webのテクニックだけでなく、商売の「原則」を理解してネットショップ の段取りを進めていくといいと思います。 ■ネットショップの特徴 ネットショップの営業活動において、一般小売店と違うところは、 対面販売と非対面販売であるかの違いです。 対面販売は、実際にお店を見て、信頼できるか自分にマッチしているか 実際お客様が見ることができます。 また、店員さんからの接客でも、信頼できるか自分にマッチしているか 実際感じ取ることができます。 商品に関しては、実際目で見て触る。聞くなど、五感を使って確かめること が可能です。 「百聞は一見にしかず」という言葉どおり、実店舗で1個の情報が バーチャルの世界の100個以上に勝ってしまうという現実に立ち向かわなくては ネットショップの販売活動は成立しません。 それでは、一見に勝る100個以上の情報は何でしょうか? 「不安」 これがネットショップのお客様が商品を購入しない3位の理由です。 不安にもいろんな種類があります。 1.お店の不安 2.商品の不安 3.商品の送られてくる状態の不安 4.個人情報・クレジットカード情報の不安 1.お店の不安を解消するために どんなお店なのか、どんな店員さんがいるのか? その人は、丁寧な対応なのか?商品に関して詳しいのか? 大きな会社なのか?小さな会社なのか? 何人ぐらいの規模の会社なのか? どんな思いでこのお店をやっているのか? どんな雰囲気のお店なのか? 以上の内容の情報を写真やコメントを巧みに使い公開していく ことで、お店の不安を解消し、擬似リアル化して、いかにも お客様と触れ合っている演出を行いお店の不安を解消します。 2.商品の不安の解消 5W2Hで商品を分析します。 When(いつ)・・・期間、時期など「時」をキーワードに 他の競合商品との差別化、優位性を分析する。 (ex)創業60年、仕込み5000時間など Where(どこで)・・・「場所」をキーワードに他の競合商品との 差別化、優位性を分析する。 (ex)北海道特産品、シャープ亀山工場など Who(だれが)・・・「作り手」をキーワードに他の競合商品との 差別化、優位性を分析する。 (ex)この道30年の職人、人間国宝 What(何を)・・・「商品」をキーワードに他の競合商品との 差別化、優位性を分析する。 (ex)商品・サービスそのもの Why(なぜ)・・・「背景」「思い」をキーワードに他の競合商品との 差別化、優位性を分析する。 (ex)作り手の思い、開発担当者の思い、企画者の思い。 Howto(どうやって)・・・「作り方」をキーワードに他の競合商品との 差別化、優位性を分析する。 (ex)作り方に特徴、長所 Howmuch(いくら)・・・「価格」をキーワードに他の競合商品との 差別化、優位性を分析する。 (ex)価格的優位性を市場で発揮できるか? 3.商品の送られてくる状態の不安 梱包作業はどのようにされているのか? 梱包状態はどのような状態でくるのか? 4.個人情報・クレジットカード情報の不安 個人情報はどのように扱っているのか? クレジットカードの情報はどのようにしているのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です