売れる商売人になろう

担当店舗が売れるコミュニケーション法

店舗の社長=「商売人」。 商売人と、より良くコミュニケーションを取るためにはどうしたらよいか? まずは、自ら商売人マインドを持って対話していく必要がある。 第一に、その商売人のマインドを知ろう。 商売人マインドを理解すると・・・ ●人が集まってくる ●うまくいく人をいかない人が見分けられる ●うまくいくためのアドバイスが出来る と、いいことが起きる。 ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 【1】ニコニコしよう。 ⇒とにかくニコニコ。  人を責めない、褒める(「北風と太陽」のように) 【2】「楽」と「楽しい」の違い ⇒楽をすることを考えよう(仕事の効率化)  正しいことより楽しいこと(正しい⇔間違い) 【3】遊ぼう ⇒語る、相談する 考えを整理・整頓しイメージ化する(ヒントをもらう) 【4】きちんとしよう ⇒まじめだけはNG  損して得取る(give)  陰徳と願望の関係(徳=夢)  妥協しない(やりたいことに制限をかけない) ─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 【有名ショップ心得の状】 ●事業は投資と回収を考える。 ⇒粗利・原価・仕入れを明確にする。  いくら使っていつまでに回収するかを決める。 ●商品を差別化せよ。 ●数字にこだわれ。 ⇒毎日売り上げ・訪問者のチェックをする。  上げるためにはどうすればいいか毎日考える。  雑誌・商業界・MJにてヒントを得る。 ●ミスをなくせ。100%ミスなしはありえる! ⇒ミスノート。 ●横のつながりを大切にする。 ⇒業界同士の買い合いが非常に多い。  ノウハウを教えることでクチコミでの購入を増やせる。 ●自分主催の勉強会をつくる。 ⇒面倒なことを率先することにより、運を舞い込ませる。 ●スタッフにいきなり任せない。 ⇒最初は作業を任せる。  次の段階で考えさせる。 ●外注のプロを有効活用する。 ●決めたことをその日にやる体制をつくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です